2010年12月28日

子宮頸がんワクチンの副作用で失神?えええ~!?

子宮頸がんワクチンの副作用で失神のタイトルにびっくり。

読んでみてその内容にまたびっくりした。

あたかも子宮頸がんワクチンそのものに重篤な副作用があるかのようなこの記事タイトルなのだか、中身は違う。

読売新聞としては人目を引いて売り上げを上げたいのかもしれないが、とんでもない言いがかりともとれる。

だって、この記事、よく読めば筋肉注射に慣れていない現代の小学六年生が痛みにへこたれてるだけの話であって、子宮頸がんワクチンに特異的な問題ではないのだから。


子宮頸がんワクチンで副作用、失神多発

読売新聞 12月28日(火)3時2分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101227-00001223-yom-sci

 子宮頸(けい)がんワクチンの副作用として、気を失う例の多いことが、厚生労働省の調査でわかった。

 接種者の大半が思春期の女子で、このワクチン特有の強い痛みにショックを受け、自律神経のバランスが崩れるのが原因とみられる。転倒して負傷した例もあるという。同省は「痛みを知ったうえで接種を受け、30分程度は医療機関にとどまって様子を見るなど、注意してほしい」と呼びかけている。

 子宮頸がんワクチンは、肩近くの筋肉に注射するため、皮下注射をする他の感染症の予防接種より痛みが強い。昨年12月以降、推計40万人が接種を受けたが、10月末現在の副作用の報告は81人。最も多いのが失神・意識消失の21件で、失神寸前の状態になった例も2件あった。その他は発熱(11件)、注射した部分の痛み(9件)、頭痛(7件)などだった。


昭和の時代なら予防接種は筋肉注射が当たり前であったし、現代でも日本以外の多くの国では筋肉注射が当たり前である。

それが日本では皮下注射になったのは、痛くないことと、まれに起こる副作用の筋委縮に対してマスコミが反筋肉注射のアジテーションを行ったためである。

皮下注射よりも筋肉注射の方が免疫反応は強いとわかっているにもかかわらず、日本の医療が予防注射を皮下注射主体に変更したことは諸外国の予防医学者からは冷笑されている。


昭和の時代であれば幼児の頃から筋肉注射は受けていた。

小さな子の方が痛みからくる心因性のショックに対しては強いし、経験から痛みへの恐怖も薄れていたはずである。

だが、小学六年生で始めて筋肉注射を受けた今時の女子児童は痛みに慣れていなくてくらくらする。


あいかわらず、新聞は目を引くための記事を書いて医療を崩壊させていないか?

せっかく、高い確率で女性を子宮頸がんの恐怖から救ってくれる可能性のある子宮頸がんワクチンの普及が、こんな恣意的な内容を見誤った記事で妨げられることを危惧する。



同じカテゴリー(感染症)の記事
 食肉卸業者と焼き肉チェーン店、そして厚生労働省の責任 (2011-05-07 21:16)
 生食用の牛肉は流通していないという前提を知らなかった。 (2011-05-04 15:54)
 溶血性尿毒症症候群(HUS)発症は防げないのか? (2011-04-30 14:43)
 タミフル投与患者8%に耐性ウイルス出現! (2011-01-20 21:35)
 インフルエンザワクチンの3つの真実 (2011-01-14 19:11)
 致死率100%の風土病?カラアザールは原虫感染症です。 (2011-01-13 16:04)

この記事へのコメント
現在、子宮頸がんワクチンに対する誤解や誤った情報による不安を訂正するためのまとめサイトを作成しています。
そこに、2010年12月28日の記事をリンクさせて頂きました。
ご快諾頂けると幸いです。
Posted by 横山 at 2011年02月25日 02:27
見ていませんでした、どうぞどうぞ、お役にたてればうれしいです。
Posted by norihironorihiro at 2011年04月01日 01:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
子宮頸がんワクチンの副作用で失神?えええ~!?
    コメント(2)