2010年12月19日

ノロウイルスの感染力の強さはハンパないので・・・

心臓と肺に先天性の疾患のある赤ちゃんが病院内でノロウイルスに感染して死んでしまったそうです。

11か月という幼い命を失ったこの子は可哀そうです、ご冥福をお祈りしたいと思います。


ですが、この報道の仕方、病院が悪いかのように書いてありますけど、ノロウイルスの感染力はハンパないですからねえ。

感染を完全に防ごうと思ったらそれこそ全室個室で完全隔離、職員も毎日検査、お見舞いは全面禁止、家族にノロウイルス疑い(下痢・腹痛)が出た職員は出勤停止。

というぐらいにしないと無理でしょうしねえ。


入院中ノロウイルスに感染、乳児が死亡…宮崎

読売新聞 12月19日(日)21時17分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101219-00000549-yom-soci

 宮崎市は19日、同市の宮崎大医学部付属病院に入院していた宮崎県内の生後11か月の女児がノロウイルスに感染し、死亡したと発表した。

 市や病院によると、女児は心臓と肺に重い疾患があり、6月から入院していた。17日に下痢の症状が見られ、便を検査したところノロウイルスが検出された。同日夜に容体が急変し、18日未明に死亡した。

 病院の小児科病棟では4~19日に入院患者7人と病院スタッフら6人が下痢や吐き気などを訴え、患者3人の便からノロウイルスが検出された。病院は、院内感染の疑いもあるとして、18日から入院の受け入れを停止している。

 病院は「現時点では、ノロウイルスの感染と女児の死亡が直接関係しているかどうかは判断できない」としている。


ノロウイルスの感染力の強さを表現する例としておう吐物からの感染の話があります。

ホテルに泊っている人がノロウイルスに感染してホテルの廊下でおう吐してしまい、ホテルの従業員が急いで片付けに来ましたが、片付けに関わった従業員の多くが感染したのみならず、片付けられた後にその廊下を歩いた宿泊客も感染したそうです。

おう吐物を片付けるときには、できるだけ速やかに片付ける。

そしてそのさい、半径3m以内の人は蒸発した水分に乗ってきたノロウイルスを吸いこんで感染する可能性があります。

ですから完全にマスクして手袋して白衣着て、それを洗うときにも注意が必要。


ほんとに、防ぐのは難しい。

亡くなった方には申し訳ないけど、難しいんです。

もちろん常識的な範囲で最善策は尽くすべきだと思いますけどね。



同じカテゴリー(感染症)の記事
 食肉卸業者と焼き肉チェーン店、そして厚生労働省の責任 (2011-05-07 21:16)
 生食用の牛肉は流通していないという前提を知らなかった。 (2011-05-04 15:54)
 溶血性尿毒症症候群(HUS)発症は防げないのか? (2011-04-30 14:43)
 タミフル投与患者8%に耐性ウイルス出現! (2011-01-20 21:35)
 インフルエンザワクチンの3つの真実 (2011-01-14 19:11)
 致死率100%の風土病?カラアザールは原虫感染症です。 (2011-01-13 16:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ノロウイルスの感染力の強さはハンパないので・・・
    コメント(0)